商業ビル地下への階段で転倒した事故を鑑定

平成23年福岡市天神のある商業ビルで、一階フロアーから地下への階段を下り始めた時に転落事故が発生した。この事故は雨天時に傘を差した老人が一階フロアーから地下へ転倒し負傷したのであるが、転倒要因を解明すると外側からフロアーに入るドアが内開きでありその開きで踊り場が約47%占有されて、さらにドアに開きロックがないために戻りを手で押さえる状態を押し入られたことでバランスを失い階下へ転倒したと結論を示した。