【事故鑑定・全国対応】交通事故・労災事故・作業事故・船舶事故・建物事故・画像解析・車両火災の鑑定・調査・解析など鑑定機構の綾田成樹事務所へお任せ下さい

事務所紹介

鑑定機構

交通事故・労災事故・その他一般事故を解析鑑定いたします。依頼は当事者、弁護士、企業、裁判所、自治体などから年間35件程度あり、それぞれに鑑定書や意見書などを提出します。

現象鑑定を綾田成樹が主幹担当し事故調査など痕匠塾生がサポートします。物理工学鑑定は東福寺力が主幹担当し化学、機械、建設などのサポートチームがあります。

組織 専門の知見や技術を有する独立した鑑定人の集合体
業務 交通事故、労災事故、一般事故の調査鑑定
ドライブレコーダー等の事故画像の解析業務
供述の整合検証業務
鑑定件数 年間約35件前後の鑑定書、意見書、調査解析書を作成する。なお、約15年に渡る事故調査鑑定件数は約400件(刑事・民事)であり、このなかには裁判所からの嘱託鑑定および自治体からの依頼鑑定も存在する。
問い合わせ先
代表事務所
綾田成樹事務所
代表 綾田 成樹
住所 〒966-0012 福島県喜多方市関柴町下柴1106-20
TEL 0241-24-3066
FAX 0241-23-9006

鑑定機構の沿革

平成13年 交通事故鑑定の先駆者であった駒沢幹也のもとで事故解析の技術向上を目的として数名で交通事故鑑定機構を設立する。
平成14年 交通事故鑑定機構を発展的に解散して各自が鑑定業務に従事するなかで綾田成樹が引き継ぐ。
平成18年 交通事故鑑定を学ぶ者を受け入れて現象鑑定等を指導する。
平成19年 千葉県の高校で物理教師であった山岸一郎が物理工学鑑定を担当して参加する。
平成21年 着眼力と洞察力を養成する「痕匠塾」を開設する。
平成21年 一般事故および労災事故鑑定業務を開始する。
平成25年 千葉県の高校で物理教師であった東福寺力が物理工学鑑定を担当して参加する。
平成27年 山岸一郎が没する。
※故、山岸一郎氏は高校の物理教師を退職後、平成19年11月より事故鑑定の物理工学を担当し平成27年11月に永眠する。その功績を称えここに記する。
PAGETOP
2001-2017 Copyright © 綾田成樹事務所 All Rights Reserved.