【事故鑑定・全国対応】交通事故・労災事故・作業事故・船舶事故・建物事故・画像解析・車両火災の鑑定・調査・解析など鑑定機構の綾田成樹事務所へお任せ下さい
ドライブレコーダー解析 No.1
トピックス

事故調査

事故調査に関する最新情報をお知らせします。

歩道路の勾配等の調査

平成26年9月に神奈川県で発生した軽自動車と自転車の衝突事故の現場調査を4月7日に実地した。この事故は長い下り坂を自転車が走行し路外から進行した軽自動車と衝突した事故であるが、双方からの相手視認状態などは現場調査しないと …

微痕調査2

平成29年12月に名古屋市で発生した軽自動車と普通車の軽微な接触事故の調査を11月30日に行った。軽自動車に残されたわずかな痕跡で衝突状態を解明する。

微痕調査1

平成30年3月に東京都江戸川区で大型ダンプの前面に他社が接触した軽微な事故の調査を11月18日行った。車体前面に残された微痕から相手車の動きを解明する。

構築物との接触

平成29年7月に千葉県柏市で発生した構築物との接触事故で接触したか否かが論点となっている。構築物と車体が接触する事故で構築物が固定物か動態物かで残された痕跡の形状は変わる。

順行走行の調査

この事故は平成27年11月の夕方7時ころ神奈川県相模原市で発生した車と車の接触事故である。路外から右折車両の走行状態が争点となっており、通常一般的な右折車両の走行状態を「順行走行」と呼ぶがその調査を5月7日に行った。つま …

一般事故の調査

群馬県のある工場で発生した火災事故で溶解用のるつぼの切断調査を11月10日に行った。カッター業者のご苦労で目的範囲が切断でき調査の効果が得られた。

使用痕と当該痕の見分け

28年2月に愛知県で発生した交通事故の現場および車両損傷調査に11月6日出向いた。タイヤやホイールなどには特に注目していない使用痕が残されるが、それと当該事故で残された痕跡の見分けは重要であり卓越した着眼力が求められる。

作業事故の調査

平成27年5月に群馬県のある工場で溶解用の鋳鉄容器が自然破損の事故が発生した。その原因を究明するために8月18日に現場で調査した。

事故現場調査

新潟で平成27年4月に発生した中型トラックの右側面に乗用車が衝突した事故現場を1月19日に調査した。この事故では衝突後のトラックの移動距離が注目される。

道路調査

10月25日に静岡県沼津市のある道路の構造を調べるために出向いて、測量するために依頼した業者と打ち合わせして現場を確認した。

1 2 3 7 »
PAGETOP
2001-2017 Copyright © 綾田成樹事務所 All Rights Reserved.