蔵書類のご紹介

専門書および関連書籍蔵書

事故調査や事故解析・鑑定は専門性が高いため、専門書および参考書籍は数多く蔵書しています。

残された痕跡、語るはひとつの真実

1989年4月真新しい「自動車事故調査技術入門(駒沢幹也著)」のページをめくった。
そこには残された痕跡の整合手法が記載されていた。
これこそが事故解明の基本である。
調査鑑定の原点はこの書籍との出合いから始まった。
事故鑑定では人体損傷が事故を物語るため法医学書を含めて人体に関する参考書籍の一部です。
交通事故解析の関連書籍の一部です。
目撃者の証言などに関する書籍の一部です。
自動車の構造や関連機器等の書籍の一部です。