先日、北関東のある事故地の照度調査を痕匠塾生の佐久間と行なった。ここで重要なことは、1年後に事故日と同じ日時での調査である。このような調査日時の客観性を示す方法に長年の経験が生かされる。