5月21・22日に千葉県内で発生したある事故の調査に出向いた。微痕が数か所に残されており、その生成時刻に違いがあることが判明した。
やはり、現物を直接観ることは重要である。