検察官の証拠改ざん事件は連日マスコミで報道され波紋をよんでいる。そのマスコミによると、前田恒彦検事は大阪地検に私有のパソコンを持ち込み、データ書き換え専用ソフトをインストールしたうえで日付を改ざんしている。目的のために「ソフトインストール」の行為で明らかに改ざんの故意性があり、偶発的な事象ではない。このような状態でありながら、当時の特捜部長などは改ざんが故意でないと判断し、問題がないとのことで上級庁への報告を怠ったことは驚くべきことである。

どのような理由があっても検察官が証拠に手を加える行為は許されるものではなく、絶対にあってはならないのであり、検察の上下関係が明確な組織体でこのような重大事項を上級庁へ報告しないことは、結局、大阪地検の組織として「隠ぺい」したと疑われても反論できない。