私は約4年前から地元の小学生の集団登校で「見守りおじさん」として途中まで同行して見送っている。4年前に始めたころは子供たちに「おはよう」とあいさつしても返事はかえってこなかったが、根気づよく続けていたところ、一人またひとりが「おはようございます」と言えるようになった。
いまは8名の子供が集まってくるが1年生をはじめ全員が明るい声で「おはようございます」と元気よく挨拶するようになった。また、ともに集団登校していた中学生は自転車に乗って後ろから「おはようございます」とあいさつしてくるが、なんともすがすがしい気持ちになる。
ほんのささやかな社会貢献活動であるが子供の成長でうれしさを感じる次第である。