いま、「超高速!参勤交代リターンズ」の映画が上映中である。私はこの前作である「超高速!参勤交代」も観ており現実離れしたコメディーが何ともおもしろい映画と感心した。そして、今回、参勤交代リターンズが放映されると聞き、いわきの湯長屋藩の跡を訪ねてみると当時の面影がいくらか残っており映画に出てきたサムライを思い浮かべた。
この映画では、老中に復活した松平信祝が湯長屋藩を逆恨みして数々の策略により、藩主の内藤政醇一行は常識では考えられない速さで湯長屋に帰ることで数々の苦境や困難を乗り切ることになる。その原点は藩主の内藤政醇が家臣や民を大事にする人望にあったと言えて、これは現代社会での組織の長に模範となる。また、湯長屋藩の家紋は下がり藤であり、私が携わっている郷土芸能の下柴彼岸獅子舞の家紋と同じであることで近しく感じた。