私はボランティアの見守りおじさんとして地域の子供たちの登校に毎朝付き添って行く。今年も5名の一年生が入り19名の集団登校となり、これは全校児童の1割以上である。時には「ぐずっている1年生」をおんぶすることもあるが、子供たちの笑顔を見て、すくすくと育って社会を支える大人になってほしいと願っている。