12月の中旬であるが会津は雪も降らずに驚くほどの快晴となった21日に、大字下柴地区内の「大楚々木」という集落に出向いた。かつては分校まであったが今は5軒で生活しており最も若い人が70歳前である。今朝の新聞にはこのような限界集落が全国に2万を超すと書いてあった。春には福寿草が咲き自然豊かなところであり、是非足を運んでいただきたい。